美浜町のごみ減量化計画について

美浜町では、令和3年度(2021年4月1日)より「ごみ減量化計画」が実施されます。

1.新たな可燃ごみ袋の使用と有料化

新しく水色の可燃ごみ袋の使用が開始されます。
現在使用している緑色の可燃ごみ袋で集積所へ出しても、収集は行いませんのでご注意ください。

大(45L) 500円
中(30L) 300円
小(20L) 200円

それぞれ10枚入り1パックで消費税込みの価格となり、有料化(値上げ)されるのは可燃ごみ袋のみとなります。

詳しくは美浜町の公式ウェブサイト「みはまごみ減量化通信~第1号~~第6号~」をご覧ください。

2.プラスチックごみの分別収集

今まで可燃ごみとして回収していたプラスチックごみは、新たにグレー色のプラスチック専用ごみ袋に入れて集積所へ出してください。
現在のミックスペーパーと同じ曜日での収集となるため、しっかりとプラスチックごみ(グレー)とミックスペーパー(オレンジ)の袋を分けて、中身は絶対に混合せずに集積所へ出してください。

東部地区 毎週金曜日
当日の午前8時まで
西部地区 毎週水曜日
当日の午前8時まで

詳しくは「みはまごみ減量化通信~第4号~~第5号~」をご覧ください。

3.クリーンセンターへのごみの持ち込み有料化
現在無料で行っている知多南部クリーンセンターへの可燃ごみ、粗大ごみ、埋め立てごみの持ち込みですが、令和3年度より有料となります。

令和3年3月31日まで 無料
令和3年4月1日から 1回につき10Kgごとに100円
事業系ごみは10Kgごとに200円
(小数点は切り上げとなります)

詳しくは「みはまごみ減量化通信~第2号~」をご覧ください。

4.知多南部リサイクルステーションの開設

知多南部クリーンセンターでは令和6年度末まで敷地内での大規模工事が続くため、資源物の受け入れを行う「知多南部リサイクルステーション」を南知多町の旧焼却場跡地にて開設します。
期間は令和3年度(2021年4月1日)から令和6年度末(令和7年3月31日)までの予定。

受け入れ可能なごみは、資源となる分別ごみ・ミックスペーパー・プラスチック製容器包装・草や剪定枝となり、無料で利用できます。

詳しくは「みはまごみ減量化通信~第8号~」をご覧ください。